おばぁちゃんの話

2011年03月09日(水) 21時21分

大久保ばぁちゃんの通夜は午後6時を過ぎた頃だった。
まだ布団に寝かされているばぁちゃんが、棺に入る前に会いに行った。
セレモニーホールに行く前まで、お線香を絶やさないでと話していたはずだと
母が言っていたが、すっかり線香の煙は消えていた。

「ばぁちゃん、来たよ」

ばぁちゃんは本当に寝ているみたいだった。
穏やかだった。

「やせちゃったね・・・」

と言うと、横にいた妹ミドリが

「これでもふっくらしたほうだよ」

と言った。
私がしっているばあちゃんより、ずっと細くなっていた。
ワタシは、白くふわふわしているばあちゃんの髪をなでながら

「おつかれさまでした」

と声をかけた。
ばぁちゃんの壮絶な最後に、ワタシは「ありがとう」より「おつかれさまでした」と言った。

おだやかで、優しい顔が救いだった。

夕方セレモニーホールには、知った顔、新しい顔がそろった。
これほどまでに集まるのは、アキエさんの葬儀以来ではなかろうか。
お花でいっぱいの中に、ちょっと前のふっくらしたばぁちゃんの遺影があった。

孫16人。みんな大きく育っています。
ひ孫だって5人。これから大きく育ちます。

86年の人生。どんな人生でしたか?
おばぁちゃん。
  • URL:http://yaplog.ranran.info/archive/44
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チエミ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1973年2月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

家族の日々日常日記でございます。
ワタシのアホさ加減が誰かのお役に立ちますように。
2011年03月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31