泣きながら 国語の教科書 探すきみ

2012年02月21日(火) 23時45分
東京最高気温 11℃ 

  水が飲みたいのですね。

乾燥ですね。また手がカサカサ、切れて痛い。

さて、昨日国語の教科書がないと、ノノが泣いていました。
実は日曜日の夜、月曜日の支度をしていた時からなかったのだけれど
学校にあると思っていて・・・
でも学校に行ってもなかった。
だったら、学校から帰ってきて家を探せばいいものの
きっちり遊びに行って、ゲームをしてから
「教科書がない」と言い出した。

「ふつー、学校から帰ってきたら気になって探さないかい?」

「・・・・・・」

結局見つからず、
連絡帳に「国語の教科書が見当たらなくなってしまいました。
校でも探すように言ってありますが、なかったら家でも探します」

と書いて先生にお知らせしました。

昨日は学校のロッカーと持って行っている手提げ袋の中は見ていなかったとのことなので
探すように言って、学校に行かせました。

学校から帰ってきたノノ。今日は遊びに行かなかったものの
ゲームを始めようとしていましたので

「国語の教科書はどうなったのか?」
と聞いたところ

「やっぱりなかった、帰りの会の時先生がみんなに
『ノノ君の国語の教科書が迷子になっています。誰かのところに迷い込んでいませんか?
誰か見つけたら、言ってくださいね』って話してくれたよ。」
と、のんきに言っているので

「1番探さなきゃいけないのは、自分なんじゃないの?よ〜く考えてごらんよ!
音読した時教科書出したでしょ?それからないんじゃないの?
だったら、家にあるんじゃないのかい?」

「そ〜かな〜」

・・・

しばらく探していました。

「あった〜!」

と部屋から出てきました。ベットの横に落ちていたんです。壁とベットの隙間に・・・

「お前というやつは・・・」

明日の連絡帳に「お手数おかけしました」と書いて持たせます。




さて、今朝ほど変な夢を見ました。
ワタシは高校の時の同級生のスミちゃんと車に乗っていました。
二人でどこかに向かっている様子で、その車もオープンカーで、
そこに乗っている時、ワタシはスミちゃんに告白するのです。
「ワタシ離婚したんだ。結婚して13年子供もできなかったし、しょうがないかも」
って。ワタシの目線で話しているので、話をしているのはワタシなのだが
ワタシじゃない。ワタシであってワタシじゃない・・・
なんだか複雑な思いで、でも気分は晴れやかな感じで・・・解放された感じさえあった。
次の瞬間、ワタシはどこかもわからない賑やかなお店にいて、
ワタシのまわりには、スミちゃんとトモミとマドカちゃんがいた。
そこでスミちゃんに、さっき私に言った事をもう1度ここで話しなさい
とうながされ、ワタシはもう1度離婚してひとりになった事を話した。

そこで目が覚めた。

あの時に解放感に似てる。。。
ノノが幼稚園に入り、手が離れて、1人で買い物ができる〜とか思ったときと
ちょっと似てる感じがした。目が覚めてもそれだけは残ったけど、
もちろん離婚もしてないし、子供もいるわけなので
母通常営業。

ワタシは何かから離れようとしているのか?


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チエミ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1973年2月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

家族の日々日常日記でございます。
ワタシのアホさ加減が誰かのお役に立ちますように。
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29