親と子の 思いはいつしか 反比例

2013年10月23日(水) 23時55分
東京最高気温19度 

ごつんっ!

と、今日はトトに頭を殴られたフフ。


夕方だった。
少し前に塾に出かけて行ったフフに、学校の先生から電話があった。

「★★中の担任ですが・・・フフ君はいらっしゃいますか?」
「塾に出かけていますが・・・」

私はこの時まで、近くに行われる文化祭での部活の事で先生から電話が入ったのだと思った。
でも違った。

「あ〜そうですか・・・実は提出物の事で再登校すると言っていたものですので・・・この時間までこないので、どうしたのかと電話したんですが・・・」

「えっ!そうなんですか・・・」

「実は、修学旅行の新聞みたいな物なんですけれど、今度の文化祭で展示するもので、今朝が提出期限だったんですね・・・ちょっと前から提出するように話していたんですけれど、休みにやって提出しますと言っていたのですが提出されないので、今日までまったのですが・・・忘れたということだったので、取りに帰って、再登校すると約束したんですけど・・・」

「そうですか・・・何も聞いていなくて・・・すみません」

「それから、実は進路の書類も提出していないものがありまして・・・それから家庭科の提出物も・・・」

「はい、すみません」

「家庭科の物は、縫い物なんですけどこの間、やっていない人は残ってやるという時間もあったようなのですが
それにも出ていなくて・・・提出もされていないので・・・本人にも話してみたことがあったのですが、本人は『塾があるので・・・』というのですが、それでは本末転倒なのではないかと・・・」

「すみません・・・」

もう、びっくりだし、すみませんとしか言い様がなかった。

先生は家での態度も心配していた。
思春期でイロイロあると思うがと話していた。

確かに最近は私の言うことは大半くい気味に「ハイハイハイ・・・」と流しているし、嫌な顔をするときもある。
それが、「今日は何時間?」と聞いただけでもだ。
何をどう話したらちゃんと聞いてもらえるのか、私にはわからない時がある。

塾から帰ってきたフフはいつもと変わらずだった。

「先生から電話があったけど。提出物が出てないって・・・どうしたの?」
「探してる!」
「今日再登校するんじゃなかったの?先生待ってたみたいだよ!」
「・・・・(嫌な顔)」
「探してるってなに?提出できないの?」
「出せるよ!明日出すよ!」
「だって今探してるって、なかったらだせないじゃん。どうするの?」
「探すよ!」

「進路の書類は?」
「学校!」
「家庭科のは?」
「学校!」
「本当に?」
「あるよ!」

そんなことをしていたらトトが帰ってきたのだ。

先生から電話がきたことを黙ってはいられないのでトトに話した。
それで・・・のごつんっ!
だった。

学校からの手紙も「ない」と嘘をつき
テストも「返されない」と嘘をつき
学校には「家にある」家では「学校にある」と嘘をついていた時もあった。

あらゆる場面で「なんで信じてくれないの?」
とフフに言われて信じてきたときもあったけど、
もう、むり。

我が子だけど、嘘もつきすぎると全部が嘘に聞こえる。


浅はかだ。

そう思った。

自分から点数を下げるようなことをなんでするのかわからないし、
何をもって大丈夫だと思ったのかわからない。

本当に、わからない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チエミ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1973年2月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

家族の日々日常日記でございます。
ワタシのアホさ加減が誰かのお役に立ちますように。
2013年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31