のん気の終わらせ方

2011年02月28日(月) 23時32分

東京最高気温7℃ 

昨日、トトから勉強をするようにと
改めて言われたフフ。
PSPがかかっているので、勉強をいそいそと始めた。

それでも国語しかやっていなかったので、
他の教科もやれば
と言うと
「やりたいようにやらせて!」
と言われたので、そのようにした。

宿題くらいちゃんとやりなさい!
と言ってきた私に比べたら、トトはそれほど勉強の事を
言ってこなかったのに、
なんで今回言い出したのかはわからないが、
何か感じるものがあったのかも知れない。

確かに、昔のようにお受験するほうが珍しかったころから比べたら、
お受験のために今までがんばってきたけど、
うまくいかなかった子だって、クラスメイトになる確率は高い。
そんな中、フフみたいにのん気に過ごしてきた子では、もうすでに
学力の差はあるに違いない。
いつまでものん気にしてはいられないのだという事を
今から教えておかなければいけないのだ。
遅すぎたな。

ノノのクラスの担任の先生が言ってた。
高学年になって
「うちの子ちっとも勉強しなくって・・・」
って言うのは、やはり日ごろのやり方なんだとか。

10分でも机に向かう、すなわち勉強するという事を日課にすれば良いのだと。
それを、急にしろといったところでむりなのだ。
だから、1年生の時から、ちょっとでも宿題をだして、
机に向かう時間を作るのだと。

そうだな。
ちゃんと考えるべきだったな。

と今更ながらに思う。

でも、ワタシもそうだった。
小学校のころ、勉強をした〜って記憶はあんまりない。
中学生でも、あんまりいい成績ではなかった。
だけど、高校生になってワタシはクラスでも10位以内には必ず入る
お勉強ができる子ちゃんになった。

何故だ。

このときは彩の国のオババもビックリだっただろう。

だから、やってダメってことはないと思っている。
ワタシの子だもの・・・

きっと、おそらく、たぶん、大丈夫だよな・・・

とりあえず、今からがんばってくれ!

のん気はもう終わりだ。

どんな事が起こっても、落ち着いて生きていこう。

2011年02月26日(土) 23時12分

今日は土曜日だ。
だから学校自体は休みなのだが、
平日に来られない人のために、謝恩会の歌の練習があった。
午前10時過ぎ。ワタシはノノと小学校の体育館にむかった。
体育館に入ると、曲が流れていた。
練習は3回あるんだけど、そのうち1回は出るようにと手紙には書いてあった。
ワタシは2回目。

「スタンプカード作った方がいいかなぁ〜。ポイントためて“うまい棒”でもプレゼントとか?」
なんて卒対さんは話す。

前回より人数は少なかった。

ご家庭の事情にもよりますけど、こーゆーのってまじめに取り組むんじゃないの?
ど〜なの?

歌の全体練習と、パートの練習と、入場、お辞儀の練習なんかをした。
きっと当日は泣いてしまう。
卒対さんの感動の言葉で、きっと泣いてしまう。そう、思った。

学校からの帰り、ノノと2人でマックに寄って久しぶりに2人で過ごした。

フフとトトは中学校の説明会に行っていた。
がんばればワタシもいけたのだと思うが、
きっと卒業式も入学式も出ないつもりのトトに
コレくらいは任せる事にした。

トトによれば何もかもが「まだ決まっていないので・・・」
なんて説明が続き、

「なんのための説明会だか・・・」

とのことだった。
大丈夫かな?

フフは

「ホントに○○○さんと一緒だったよ」と少々力を落としていた。

マリコちゃんのことだ。
マリコちゃんのことじゃなくて、その母様のことだ。

いつの保護者会も、必ずと言っていいくらい先生に質問をする。
口を出す。文句を言う。

ワタシははじめ、話でも、手紙にでも書いてあることをすぐに理解して、
質問のできるスゴイ人だと思ってたけど、そうでもなかった。
自分の考えを突き進め、人にも押し付けてしまうところもある人だと
ワタシは、この1年でつくづく感じた。

また、3年間一緒の学校に通うのだ。

関わらなければイイ。ただそれだけのことさっ!



ノノとお昼を食べていた時のことだ。

隣に座っていたご家族の、母様と父様が口論していた。

☆「何のためにここまで来たの?わざわざ遠くまで来ることなかったんじゃないの?」
と母様は言った。

★「今日は5%オフだからさ・・・」
と父様。

☆「5%オフって・・・値段なんて変わらないようになってんのよ。
そうやって計算されてるんだから!ワタシはこーゆーところで
買うのはイヤなの!もっと他のところで買うところあるじゃない!
広告の品ってゆーのもないし!」

★「広告の品はあったよ・・・」

☆「あったかも知れないけど、別に安いわけじゃないわよ
あなたは、普段買い物しないからわからないのよ!」

勝利 母様!

もう、父様は反論はなかった。

食べ終えたご家族様は母様の提案で、母様の買い物先へ行かれるようだった。

ワタシはこーゆーところで買い物してるんですけどね・・・

こんなに世の中って父様はコテンパンに言われちゃうものなの?
ど〜なの?・・・・・


時に他人の言動で、楽しい場所がそうでなくなってしまう。
そう思った。
ぜひ、落ち着いてください。

歌も、これからの3年間も・・・ワタシ、がんばります。

2011年02月24日(木) 22時32分

夕方6時過ぎ、謝恩会のの練習で学校に向かった。
学校に行く途中、誰にも会わなくて、ホントに今日だったのか?と
ちょっと不安になった。
学校の門を入ると、事務室の男の人がガラッと窓を開けた。
今日は校外委員さんがパトロールに回る日だったようで、
たぶん校外委員さんに間違われたのだと思う。

「謝恩会の歌の練習に来ました」
とにこやかに挨拶をした。

学校に着くと、音楽室を探す。
黒板に学校の各教室の場所が書いてあるので確認。

「4階・・・」
息が切れる。

音楽室は廊下の奥の方で、やや暗い廊下を歩いた。

音楽室のドアを開けると、なぜか拍手で迎えられた。

「何?」

まだ人数が集まっておらず、卒業対策委員、
略して「卒対」さんと、数人しか来ておらず、
「おお、やっと来てくれた!」ってな感じだったらしい。
その後、ドヤドヤときたのだが、
はじめましてって人も数人いた。
6年生になるまで、お見かけしなかった人っていったい・・・

6時30分過ぎ、歌の練習が始まった。

「この歌知ってる人いますか?」

ほとんどの人が「サビだけ〜〜」

卒対さんが歌ってくれて、大体の曲がわかったところで歌へ・・・

そうですか、これは1回じゃ覚えられないな・・・
また土曜日も練習じゃ・・・わい


その帰り。
マリコちゃんの母様に話しかけられた。
「フフ君は☆☆中学校なの?」
「はい」
「じゃぁまた3年間よろしくね」
「あぁ〜は      い」

なんか、うまい事言葉の意味が飲み込めなくて
「は」と「い」の間があいちゃったよ。

ワタシの後ろにいたユウカちゃんの母様にも
「中学は☆☆中学校?」
「ううん・・・」
「じゃぁ★★中学校?」
「ううん・・・」
「えっ、受かったの?ごめん全部ダメだったって噂が・・・そう・・・」

マリコちゃんはお受験だったはずだ。
だけど残念だったんだね。


でた、
強烈なのだ。
マリコちゃんの母様は・・・
また、3年間・・・

がんばります。

ワタシ、
がんばります。

賢く?美味しく

2011年02月22日(火) 0時00分

ハイハイ、
おっぱいはたれてますがなにか?


アタシはさぁ〜おっぱいがたれててもぉ〜
シャツのボタンをひとつ多くあけたりしてさぁ〜
なんだかんだで、それが大人って感じがするんだよねぇ〜
ただたれてんじゃないのね、
それが「賢いおっぱい」なのね!

ってかおり姫はいってないと思うけど、
ワタシも賢きゃいいと思うよ
いろんな意味で。


さて、きょう6年生は最後の調理実習だった。
先週「青海苔」を買って置いてくれとフフに言われたので
何を作るのか?と聞いたところ
「お好み焼き」との事だった。
それだけでいいのか?
と聞くと、
「他の材料は他の子が持ってくるから・・・」
との事だったのだが、
アンタ、青海苔だけってなんだか不公平な感じじゃない?
キャベツ持ってくる子とか、ベーコン持ってくる子なんかと比べたら
「青海苔」って・・・
だから、ワタシは美味しくなりそーな物をプラスした。
これが遠足のお菓子よろしく、金額が決まっていたら、間違いなく予算オーバー
なんだけど、いいじゃろ〜と思い
紅しょうがとテンカスと小エビと鰹粉と山芋粉ともちろん青海苔を持たせた。

学校から帰ってきたフフに
さぞ美味しかっただろ〜?
と聞いたところ
キャベツを持ってくる子が風邪でダウンしてしまい
その子の弟がわざわざ持ってきてくれたことや
コーンを持ってくる子が忘れてしまったり
せっかく焼いたお好み焼きをひとりの子がどーゆーわけか
水びたしにしてしまい、大失態だった事などを話したあと

「おいしかったよ〜」

という返事を聞く事ができた。

最終的に美味しかったのならよかった。よかった。
めでたしめでたし。


ワタシが小さかったころ
ワタシのじいちゃんは、ワタシに「やきびん」なる物を
食べさせてくれた。
今よく似たものはと言えば「チジミ」だろうか。
ワタシはそれをお好み焼きだと思っていた。
グルメリポーターがよく言う「ふわふわですね〜」
なんてことはない、薄いお好み焼きだった。

それでも美味しかった。

美味しいって大事だね。

この先もいろんなことがあるのだな。

2011年02月20日(日) 0時00分
昨日はネズミーランドへ行ってきた。
恒例の年パス更新だ。
更新が目的としていたので、いつもより遅い時間の出発
だったので、もう混雑きわまりなかった。




フフの中学校の繰上げ当選の通知が届き
トトと学校説明会の日の打ち合わせを決める。
今週は謝恩会の歌の練習とか、
中学校の説明会とかあって
どんどん卒業に近づいているのだと感じる。

ノノは自分が2年生になることが心配だと言っている。
「明日の明日の明日に2年生になるの?」
と、トンチキチンな事を聞いてくるノノ。
心配性のノノが2年生になるのは、もちろん
明日の明日の明日ではない。

どうか子ども達が大きく成長しますように。



引き続きお世話人です

2011年02月18日(金) 23時52分
昨日の天気予報から、今朝の雨は覚悟していた。
子ども達にはタオルや替えの靴下なんかを持たせた。

登校班のお世話人も1年間やってきた。交代の時期だ。
6年生の親が引き継いでやってくれるものだと思っていたのだが、
そうすんなりはいかなかった。

オオツキさんとタニグチさんで次期の世話人をきめていただきたいのですが・・・

送ったメールの返信は

『私は体が弱く、世話人はできかねますので・・・』

できかねる・・・
それはできないってことだよね。

オオツキさんはお姉ちゃんが6年生の時に世話人の経験者だから、
すんなり行けばタニグチさんが今度の世話人になるんだけど、
そのタニグチさんから『できかねる・・・』っていうメールをもらっちゃった。
それでもオオツキさんはタニグチさんに交渉して、
前期はオオツキさん、後期はタニグチさんって決まった。
だけど「体が弱い」ってのが気になったので、
ワタシは協力体制でいますので、いつでも無理な時はいってください
って伝えたら、『やっぱり世話人はできません』ってことになり
結局、前期はオオツキさんで後期はワタシが引き受けることになった。
そのことをオオツキさんに言ったら、
『それで納得できるの?一緒に戦う?』
ってメールが着た。

戦う気はない。

タニグチさんから「体が弱い」の理由の病名を2つきいた。
それでも子どもが“仕事”をしているタニグチさんは、
他の人から見れば子どもの仕事にはつきそって行けるのに
なんで世話人ができないのか?ってことになっちゃうのだ。

確かに・・・

でも、そんな人はそんな人だとワタシは思う。

そう、思うことにする。

最後に「一緒にがんばりましょうね」とオオツキさんからメールがきた。

ハイ、がんばりましょう。






平和日和

2011年02月16日(水) 23時10分
あっという間に年を越し・・・早くも2月になっとった。

ワタシとフフはまた歳を重ね、イヤ、レベルアップした。
年の初めはどこにも行かず、家でのんびり過ごした。
ワタシは正月の何日かで、いい正月だぁ〜という言葉を
何度も本気で口に出して言っていた。
あっ、まだ言ってなかった

あまけしておでめとう




最近はと言えば、フフが希望する中学校が抽選になり、まだ決定していないのでモヤモヤしている状態だ。
お受験なんかしてないけど、希望した中学校に行けるか、指定校になってしまうかが問題だ。
それも、友達とこの中学校に行きたいと望んだのに抽選結果によっては別々になってしまう・・・

ワタシの時は、お受験の方が珍しいくらいで、ほとんどの子は同中学に入った。
変わったのは、違う地域の子が一緒になるくらいで・・・


さて、そのフフだがかなりのチェック魔だと言う事に気がついた。

いつまでも子どもと一緒に寝てはいられないので、ワタシはリビングに布団をひいて寝る事にした。
本当は、寒い朝でも、トトが起きればワタシも起きるので今までのように「寝過ごしたっ!」なんて事がないようにするため
だったりするのだが・・・

そんなこんなで気がついたのだ。

フフ、トイレに行く→トイレの電気をつける→出る→トイレの電気を消す→廊下の電気をつける→玄関の鍵がしまっているかチェックする→廊下の電気を消す→トイレの電気をつける→トイレの水道が出ていないかチェック→トイレの電気を消す→
廊下の電気をつける→玄関のチェック→廊下の電気を消す→寝る

も〜電気のスイッチのパチパチが気になって仕方がない。

なのでこの間「何をチェックしているのだい?」と聞いてみたら「なんとなくさ・・・」と言っていた。

心配性なのだと思うのだが、ノノとはまた違う心配性なので、いろいろ気になる人がいるのだなぁ〜と
思うことにした。

一日お疲れさまでした。ほな・・・
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:チエミ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1973年2月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専業主婦
読者になる
ブログにお立ち寄り頂き、ありがとうございます。

家族の日々日常日記でございます。
ワタシのアホさ加減が誰かのお役に立ちますように。
2011年02月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28